悲報!IPO銘柄ミクリード(7687)公募割れ

普段は昼前まで寝ているところなんですが、今日は当選したIPOの上場日だったので早起きしてPCを立ち上げて、証券口座にログインして売り注文を出しました。

9時50分頃の気配値なんですが、買いがめっちゃ少ないんですよね。この時点であ、これはアカンやろうなと覚悟を決めていました。大手初値予想会社の予想も大幅に引き下げられ、シンジケートカバーによる818円が予想されていましたので、なんとなく希望のない未来が見えてしまいました。

そして株式市場がオープンしましたが買いは増えず、特別売り気配で始まり3分おきに気配値は下がっていき15分ほどで初値が成立したようです。初値は初値予想会社の通り818円となりました。公募価格が890円だったので7200円プラス手数料分の損失となりました。

当選された方残念でした。私は初値がついてから再び眠りに就きました。(しろめ)

初値を形成後10分ほどで公募価格手前くらいまでリバったみたいですが、その後また売りと買いが釣り合わなくなったのか特別売り気配を付けてじわじわ下げてしまったようです。

成行売りにせずに840円くらいに指値で注文を入れてたら良かったのかなと思ったんですが、どのみち大した差ではないので仕方なかったと受け入れるしかありませんね。

IPO当選4度目にして公募割れを経験することになりましたが、地合いが普通なら微益以上は堅かったかなと思うので、相場次第でこんなにも違うのかといい勉強になりました。

しばらくはS評価A評価の銘柄のみ申し込むスタンスになりそうです。B評価でもどちらかと言えばA評価よりかなって銘柄は積極的に申し込みをしようと思ってますが、こちらも線引きが難しそうですね。

今日は評価の高い銘柄アディッシュ、明日はぶっ壊れ初値確実?と期待されているサイバーセキュリティクラウドの当選発表日ですので、気持ちをこちらに切り替えて、当選を期待することにします。

コメント

  1. なおキチ より:

    金曜深夜のダウ爆上げまでは良かっただけに、公募割れは残念でしたね・・・

    それでもトレードルール通りに初値売りで正しく損切りされたえぬまるさんは流石だと思いました。
    心理的に「ちょっと戻ったところで・・・」とスケベ心がでるのが人間ですが、もしそれで一度は少しマシな損失になっても長期的には「初値売りで利益をだす」という根拠を無視したトレードになっちゃいますもんね。
    だから今回の損切りは利益を生む過程で発生する経費みたいなもので、それを正しく計上されたことはきっと長期的には報われると思いますよ。

    私も今日ポンド円で既に一万円損切りしてますし、関通も普通に落選していましたがルールどおりなので多分そのうち報われるはず・・・です(笑)

    • えぬまる えぬまる より:

      スペック的なところだけで見ると悪くなかったですが、やはり人が多く集まるような外食産業向けの事業内容という点が買い注文が入らない致命的な原因だったのでしょうね。初値形成後、じわじわ上がってきているのは目に取れたんですが、あれを指値を入れずに成行で公募付近で売り抜けるのは相当難しいんじゃないのかと思いました。

      IPOは初値が公募価格よりも上か下かとか関係なく、全くリバらずに初値が天井で後はストップ安みたいなチャートを形成することも多いように感じていますし、仮に公募価格下の870円とかで指値を入れていても実際に注文が約定されるかどうかも分かりませんので、下手に売り損ねて損を膨らますよりとっととシンジケートカバー付近で降りれて良かったと思うことにします。

      やはりIPOは抽選に参加する判断をしっかりして、初値売りに徹するのが一番ストレスがなくて効率的なのかなと思いましたね。

      しかし、最近の為替相場の値動きが激しすぎてヤバイですよね。私は入りたくても入れない状況が続いていますので、早いところ普通の環境に戻って欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました