えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

ひるね姫ラッピング電車目的で岡山観光してきた

      2017/09/04

今年も始まってもう残り半年を過ぎる頃ですね。本当に時間が経つのが早くて怖い。今年何したっけ?

今年を振り返ってみて、”これと言って何もない”という事実からは逃れられない!せめて一瞬でもいいから忘れさせてよー。

ってことで、8月の最終の土曜日、ひるね姫のラッピング電車を見に友人と岡山へ行ってきました。

5月のGWの時と違って今回は電車での旅です。ラッピング電車の存在をすっかり忘れてました。本来なら6月末で終わりだったのが、11月末までに延長されたようです。

久しぶりの遠出に出発

朝7時の電車で出発とのことだったので、寝過ごすのが怖かったので、いつもよりも飲むお酒の量を減らして就寝。6時起きくらいでも良かったものの、5時に起きて待機。身支度して駅へ出発。

北陸の豪雨のため12両編成になるはずだった新快速が8両編成で走ってきたため、平日の出勤時くらいの乗車率でゲッソリ。夏休み最終の土日もあってか、青春18キッパーが多かったのかな。

自分たちも青春18キッパーなんだけど。

そして滋賀からかれこれ3時間半ほど電車に乗って岡山へ到着。

丁度途中で乗った電車がひるね姫のラッピング電車だったので、岡山駅で軽く撮影して、目星を付けていた地元グルメの店に向う。

岡山の地元グルメえびめし

岡山駅から51番のバスに乗り、15分程度の所にあるバス停で下車。えびめしや青江店に到着。

スタンダードなえびめしと迷ったものの、写真でなんとなく惹かれていたオムえびめしを注文。これが大正解。卵とえびめしが絡んで蕩けるうまさ。

近所にあったら定期的に通いたいなと思ったくらいおいしかったです。岡山観光して地元グルメでランチしたいなら、えびめしオススメです。

土日だと昼のピークよりも前に行くと待ち時間が少なくていいと思います。

岡山城

昼食を食べた後に岡山城へバスで戻ろうとするも、行ってしまった後だったので、最寄の備前西市駅まで歩いて岡山駅に戻り、そこからまたバスに乗って岡山城へ向いました。

黒色の外装が特徴のお城のようで、バイクで日本一周した時に、いろんな城を見てきましたが、本当に珍しいなと思いました。

歴史に関しては全く無知なので、ここも雰囲気だけの観光になりましたが、一番上からの眺めはどの城も街が一望できていいですね。

昔の籠が展示されていて、実際に中に入ることができるのも珍しいと思います。もしかしたらここだけかも?

帰りの電車の時間が決まっているので、時間的に岡山城を観光してまたバスで駅へ戻るだけの感じになるかと思いきや、思ってたより時間が余ってしまい、後楽園も観光することに。

後楽園

続いては日本三名園の内の1つである後楽園へ。自分は日本一周の際に、兼六園、偕楽園に行ったことがあるので、これにてコンプリートすることとなりました。

城の上から見た感じだと、何もないように見えたので、行く価値はあるのか?と不安に思ってましたが、行って良かったです。ちゃんと庭園してました。

夏の時期限定なのか、地元の小学生が作った、願い事が書いてある風鈴のコーナーが特徴的でした。”声優になりたい”との趣旨の願い事が書いてある風鈴をたまたま発見。

小学生の時に思い描いた夢と、現実の厳しさのギャップを知らないってなんか残酷だなぁと思いました。中学、高校、大学と年齢を重ねるに連れて、昔の夢を忘れて無難な方へと流れていくのかな。

あの風鈴の願い事を叶えられる子は何人くらいいるだろうか。

ひるね姫ラッピング電車

後楽園からバスで岡山駅へ戻り、帰りの電車を待ちます。これがこの日の一番の目的の、ひるね姫ラッピング電車です!

岡山から播州赤穂まで行って折り返しまでの時間が30分ほどあるので、そこでガッツリ撮影しました。折り返しまで時間があるパターンを狙って撮影すると扉が閉まった状態で取れるのでオススメです。

内装の中吊り部分やその他の部分もひるね姫仕様になっていています。

ラッピング電車の外装ですが、3両編成で両面とも同じ絵柄となっているので、反対側だけ撮ることができればOKです。前後は柄が違うのを忘れずに。

1両目2両目3両目
左側A  B C
右側C  B A

↑分かりにくいかも知れませんが、こんな感じです。

ひるね姫のラッピング電車の運行時間は下記のサイトから月ごとにPDFファイルで発表されているので、そちらを参考に旅行のプランを考えるといいと思います。

「ひるね姫×くらしきラッピングトレイン」運行スケジュール
https://www.kurashiki-tabi.jp/news/12424/

明石駅で明石焼き

メインのラッピング電車を撮影した後は帰るだけです。青春18切符をフルに生かすため、明石駅で下車して明石焼きを食べに行きます。

明石焼きは何年か前に一度だけ食べたことがあるだけで、かなり久しぶりです。かなりいろんな店があるなか、前回食べた店と別の店に入りました。

たこ焼きとの違いは小麦粉メインか卵メインかということらしいですね。地元の方ではたまご焼きと言うそうです。

ここはビールと一緒に食しました。一日暑い中お城やら行って汗かいたので、明石焼きとのビールが染みて染みて、うまいのなんの。

とりあえずしろめ!(ビール)って感じですね。

明石海峡大橋

明石焼き食べた後は、明石から数駅乗って朝霧駅で下車。

コンビニでまたビール買って、明石海峡大橋が見える公園に移動して、明石海峡大橋のライトアップを待ちます。

そして、夕焼けを見ながらビールを追い炊き。(しろめ)

汗かいてる上に、お酒飲んでるせいでか、蚊が寄ってきて何箇所も刺されて面倒だったものの、夕焼けをみながら浜辺で夏の終わりを感じながら飲むビールはうまかったですね。

ライトアップされた後、いろんなパターンにグラデーションする明石海峡大橋を見て終了。数時間電車に乗って帰ってきました。

まとめ

  • ラッピング電車の撮影は折り返しのタイミングがオススメ
  • 時間があれば児島方面の聖地巡礼もどうぞ
  • 日常に疲れたら、たまには遠出!旅は心の洗濯だぁ!

ここ最近、休日はお酒呑みまくって、昼に起きて筋トレするくらいなもんで、ただダラダラするだけの時間を過ごしてましたが、久しぶりに有意義な1日を過ごすことができて、気持ちがすっきりしましたね。

今回はひるね姫のガチ聖地へは行きませんでしたが、時間がある方はそちらも観光することをオススメします。鷲羽山からの景色も最高ですよ。

自分がスーパーカブで行ったときの記事で、旅中に構成など考えずに適当に書いたものなので、文字数が少なかったり見にくかったりするかもですが、参考にして見て下さい。

参考記事:ひるね姫の聖地行ってきたンゴ

やっぱりたまには遠出しないとダメですね。旅は心の洗濯!

(Visited 104 times, 1 visits today)
Pocket

 - おでかけ

Top