えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

京都金杯に行って惨敗して、ついでに財布失くしてきました

   

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

私のような何のためになるのか分からないようなブログを見ている人はいないと思いますが、今年もよろしくお願いします。

去年は年末まで掃除やらできるだけやって、歳を越した後はいつものように気が抜けっぱなしの日々でただただダラダラと過ごしていました。

今日はなんとなく運試しというか、縁起をかつぎたいということで、知り合いと京都競馬場へ行ってきました。

正月早々、私的に顔面ホワイトプランになるくらいの、割とヒヤッとするハプニングがありましたので、その辺の出来事を記事にしたいと思います。

いつものように、ゆるゆると遅く起きて競馬場へ

私的にはメインレース目的だったので、お昼前くらいの電車で知り合いと合流して京都競馬場へ向かいました。ファンの人は朝一で向かっていたのか、電車の中は空いていて快適でしたね。

出かける前に大黒柱(母親)が買ってきてくれた朝マックをチンして食べてきて、お腹はそこそこ満たされてはいたのですが、競馬場につくとカレーやら唐揚げやらのおいしそうなニオイが満々。

ずっとおいしそうな空気にさらされていたので、思っていたよりも早くお腹が空いてきて、競馬場内のフードコートでお昼を食べてない知り合いと吉野家の牛丼を食べました。お金がない私はめったに外食しないので牛丼を食べるのはほぼ一年ぶりでして、食べたら美味でしたねぇ。

フードコートに様子見で入った時、どこも人が並んでいたので、カレーなら待ち時間が少なくて食べられるかな?って思ってたらカレー待ちの行列が一番長いまであったので、吉野家で牛丼を食べると相成りました。

肝心のレース結果ですが見事にはずしました!

私はメインレースまでは適当に3連複や3連単を100円だけ一点買いして楽しみ、メインレースにフォーメーション2-3-3で18通り各300円合計5400円の買い目で勝負したものの、的中せずでした。

まぁ、年末にジャンボ宝くじを買うよりはずっと夢があると思っていましたので、どれが来ても100~600倍で300円分買ってるので、最大18万くらいのホームランを狙ったんですが、ダメでしたね。(笑)

「7はいらん!7はいらん!7はいらんでぇぇぇ!!!」

と叫ぶ近くにいたおっちゃんの言葉は私だけではなく、いろんな人の心に刺さったことでしょう。そしておっちゃんと私の希望むなしく7が3着に来てしまったんですよね。

13番のカテドラルを外して、3番サウンドキアラと6番のダイアトニックを軸にフォーメーションを組んだのはいいものの、着たのはサウンドキアラ、ダイアトニック、7番ボンセルヴィーソ、18番ソーグリッタリング、14番ブレステイキングでした。

3着のボンセルヴィーソがなかったら当たってたなぁ、惜しかったなぁって思ったんですが、私のフォーメーションの買い方だと1着2着に3番サウンドキアラと6番のダイアトニックが来てた時点でもうあかんパターンやったんですね。

レース前は”どれが当たっても万馬券やんけ!当てたるでぇ!フンス!!”と気合を入れていたものの、レースが終わって馬券を改めて見てみると、惜しいどころかカスリもしてないやんけと思った瞬間、笑いが出ましたね。

知り合いは私が思うに、割と手堅い感じの買い目をしていたようで、トータルではちょっとプラス(?)だったようです。去年の回収率も100%超えてるらしいので、うまい人は馬なだけにウマく勝ってるみたいですね。

終わってからだったらなんとでも言えるんですが、どうせ5000円くらいブッパするんだったら3-6の馬連5000円で買ってたら、私はウハウハ星人になれたのになぁと思ってます。

そして年越し早々、事件的なものがこの後に起きた!

メインレースが終わって、しょんぼりしながら競馬場の最寄駅から電車に乗って、京都駅への乗り換えのために、途中で下車して近鉄線に乗り換えました。

吉野家の牛丼を食してから食後のコーヒーをしたかった私は、競馬場では自販機の温かい飲み物が軒並み売れきれだったため、しぶしぶ競馬場内のフリーで飲める冷たい緑茶で済ましていました。

電車の乗り換え時点でふと自販機が目について、知り合いにちょっとコーシー休憩しましょうやと声を掛けて、悠々と自販機でコーヒーを買おうとボディバッグのチャックを開いたら、なんと財布がない!!

「えっ!なんで財布ないの?!」

そんな声を発しながら、ピンチ時のドラえもん状態ですよ。上着のポケット、ズボンのポケット、間違いなんじゃないかとボディバッグのすべてのポケットを確認するもない!ないないない!ないよ~!もうね、周りはなんやねんコイツみたいな感じでしたよ。

「ギエピー!!!あかん、財布落としてるやんけッピー!!」

と自分の現状を理解した私は動揺しながらも、最後に自分が財布をカバンから出した記憶をソウサクソウサクなのだった。

記憶ソウサクソウサクの結果、私は競馬場の最寄り駅から京都駅までの乗り換え駅に移動中、捨てていなかったはずれ馬券を財布から取り出し、スマホで改めて自分が買った馬券とメインレースの着順を見て、3着4着がなかったらどうだったかと確認したのを思い出しました。

「結局自分の買い方やったら、何やってもあかんかったわー。」と知り合いと笑いあっていたので、間違いなく電車を中か降りる際に落としたかが濃厚になったので、近鉄線のスタッフの方に事情を話して改札から出して貰いました。

そして京阪線であれやこうで、電車の中に財布落としちゃったかも知れませんと事情を話したら、私が乗っていた電車が終点の出町柳に着く時間がこれこれこうだから、財布の特徴やらその旨伝えて探しますので、その時間まで待ってくださいとのことでした。

電車系の事情に詳しい知り合いだったので、乗っていた車両は何番目でしたか?とか進行方向向かってどのあたりの席に座ってましたか?なんて質問も、的確に答えてもらえたのでスムーズに済みました。

財布奪還への道

動揺する私がとりあえず休憩しようと、駅内コンビニでおごってもらった缶コーヒーを飲みながら、白の長財布であれだけ目立つんだから、さすがに中身をスティールされることはないんじゃないかとか、取るならどこかに届ける振りをして、人気のないところで札を抜いて、財布は捨てるんじゃないかとか。

なんで競馬の予想よりも変にアツくなって、頭使ってるねん的な変な時間を過ごして、私が乗車した電車が終点の出町柳駅に到着するのを待って数分して、また受付に行って、どうなりましたか?と聞いたら、似たような財布が確認できましたと返答がありました。

私と知り合い的には、私が降車した駅の次の駅とか、伏見稲荷がある駅、京都駅に近い七条駅で誰かに拾われて届けられていて、終点の出町柳でもそれらの駅でも財布の届け出がなければ、誰かに盗まれてどこかに財布だけ捨てられているのでは?と思っていましたので意外でした。

終点の出町柳駅で保管されているので、そちらに向かって無事回収しました。数万円の中身でしたが中身は無事でした。

どのような状態で私の財布が落としたまま放置されたかは分かりませんが、丸っと戻ってきてくれて本当に良かったです。免許の再発行、クレジットカードの停止とかのことも考えたら、なにかと手間がかかるのは確実でしたからね。

しかし、そこそこ目立つ白色の長財布を誰も触れずに終電まで放置されたことになるのですが、それはそれでなんだかなぁって気になっちゃいますね。善意の気持ちで財布届けたら中身抜かれた!ってトラブルを懸念したとかもあるんですかね?

困っていた子供を助けたのに誘拐疑惑で逮捕されたみたいな、それってひどくない?みたいな事案もあるみたいなんで、今の時代はみんなリスクにはふれずに、駅員さんに任せるのが一番だから放置が無難!って感じなんでしょうかね。

まとめ

  • 下手くそが競馬に行くも惨敗
  • 割と几帳面だと思っているのに財布を落とした
  • さすが日本!無事にまるっと戻ってきた

そんなこんなで、新年早々競馬で一発当ててやるわぁと思って行くものの、惨敗した挙句、まさかのお財布紛失!ギエピー!した話でした。

年末年始で銀行のATMが止まることを考慮して、ちょっと多めにお金を財布に入れていたので、財布がカバンにないって分かった時点でゾッとしましたよ。戻ってくることが多い日本に住んでいて本当に良かったと思いますね。

私は財布拾ったら、中身抜かれたって言われる覚悟で駅員さんなり警察署に届けたいですね。

みなさまも財布落とさないように、くれぐれもご注意を。私的には割と心配性な性格があるので、しっかりとしていたつもりでこうなったので、油断は禁物です。こうしたら絶対落ちないだろうみたいな荷物の入れ方を徹底したいところですね。

なんやかんやで、知り合いとヨドバシカメラでウインドーショッピングして帰宅しました。私とほぼ真逆の休日事情なんで、どこかで新年会的な飲み食いしに行きたいですね。

(Visited 23 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top