えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

詐欺まがいの投資に手を出しまくっているドライバーさんがいろいろとヤバかった件

   

以前FXに詳しそうなドライバーさんが居たので、それとなく話を振ってみたら、詐欺まがいの投資に手を出していたと分かってドン引きしたという話を書きました。

今回の話はその続きみたいなものです。

実は今から書く話は去年の10月くらいの出来事になるんですが、ブログのネタにしようかと思ってる中、優待クロス取引の記事を書いてたりしているうちに時間が経ってしまってお蔵入りしてしまったお話です。

前回の話の要約

どこの記事に書いたのか忘れたので前回の話の要約も書きます。

私は運送系の仕事をしていまして、受け持ち先の倉庫会社に行き、流れてくる自社の荷物の伝票を端末で読み込んでサイズの入力をして方面別に仕分けるという仕事をしています。

いつもは同じドライバーAさんが荷物をトラックに積みに来るんですが、荷物が多い時などに臨時的に、別のドライバーさんも来ることがあります。その別のドライバーをBさんします。

台風が来るだかの時期にそのドライバーBさんと天気の話をする機会があった時に、天気予報を見ようとスマホの画面にFXのチャート画面っぽいのが見えたことがありました。

1時間置きにアラームを設定していたようでしたので、もしかして1時間足を基準にチャートを見てトレードをしているのでは?と気になってはいたのですが、その時にFXトレードをしているのか聞けず仕舞いでした。

一か月くらいか期間が空いて、ドライバーBさんが臨時で私の現場に来た時がありまして、FXトレードのことをそれとなく聞いてみたところ、FXもやってるという事実は確認できたものの、勝っているようではなかったのにがっかりしました。

話をしていたところドライバーAさんも到着し、そこから話が脱線しはじめ、「僕、意外と金持ちですねん。」とスマホの画面の本当かどうかも分からない収益画面を見せてきました。

お金を預けているだけで為替の取引をやってもらえてそれで1日利益が30万円出るんだと。それを何の躊躇もなく私とドライバーAさんに勧めてきたのにドン引きしたという話でした。

他にも、普通ならあからさまに詐欺でしょって気付くような案件に手を出していて、タイトルに書いてる通り、なんともヤバかったんです。

今回のヤバい案件

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回の話です。

そんなギャンブル思考な頭の持ち主(?)のドライバーBさんですが、今回は前回よりも、もっともっとわかりやすくどう考えても詐欺やろ!と言いたくなるような案件に手をだしていたようです。

肝心の去年10月にあった話です。これもまた臨時で私が作業する倉庫に来ることになったドライバーBさんが、「どうやFXは?」と聞いてきて、こっち系の話になりました。

私的にはこの人はFXで勝ってるような人でもないので、何も得する話はないので、自分からは話を振らないようにしていたのですが、どうしてもお金系の話になってしまいました。

結局、聞いてみたところ前の案件はやっぱり詐欺だったと発覚したそうです。なんやかんやで60万円くらい入金していたと聞いたので勿体ないなと心の底から思いました。

そして、凝りもせず新たに別の案件に手を出していたようです!そしてショートメールで送られてきた案内メールのコピーがこれだぁ!

はい、ありがとうございました。前回よりも胡散臭すぎて職場で半笑いになってしまいました。その名も”最強資産増殖システム”です!(しろめ100%)

なんやねん資産増殖システムって…。まるで諭吉さんがマリオの無限1UPの裏技のごとく簡単にお金が増えるみたいな言いぶりですね。そんな亀を階段で踏みつけてるだけでお金が増えたら誰も苦労しませんよね。

一応グーグル先生に聞いてみたんですが、まぁ検索して確認するまでもなく怪しい案件でした。

もうこの手の案件に手を出してるからドライバーBさんのLINEとか携帯番号宛てのショートメールで、いろんなところから情報が届いているんでしょうね。

もうこの手の話になる度に、ドライバーBさんから「LINEやってないんか?LINE教えてくれ」と言われるのが嫌なんですよね。(笑)毎回LINEはやってないと答えて、ほな電話番号にショートメール送っとくわという流れになってます。

更に追加のエピソード

ここからはさらに追加のエピソードです、資金増殖詐欺案件があった後無事に年も明け、1月末くらいの話になります。つい先日の話ですね。

またまた臨時で私の職場に来ることになったドライバーBさん。職場に来てある程度荷物を仕分けるのを手伝ってもらって一息ついた時の話です。

唐突に、「こんなんあるんやで、見てみ」とスマホを出してきて、何やらアプリを開いて接続しはじめました。いつからやってるのか分かりませんが、オンラインカジノというのだそうです。

ドライバーBさんがハマっているのは、スピードバカラと呼ばれるものでした。ベットしてものの20秒くらいで決着がつくシンプルなカードゲームでした。

2枚カードを引いて9に近い方が勝ちで、A以外の絵札は0扱いで、2枚のカードの合計が4以下だともう1枚カードが引けるルールだそうです。

ブラックジャックもカードを何枚か引いて21に近い方が勝ちみたいなルールだっと思うのですが、それの規模小さい版のゲームなんでしょうか。

アプリ上にテーブルごとの最低ロットや、どちらが勝ったかの履歴が見れるので、その辺を参考に選んで入室して、実際にカードをテーブルに置いてるディーラーの前で、どちらが勝つかベットするみたいな流れでした。

どちらが勝つかと言っても、テーブル上にはディーラーが居て二人のプレイヤーは実際にはおらず、いること前提でカードを配ってる感じです。

ドラクエに出てくるカジノのモンスター闘技場で、スライムAとスライムBのどちらが勝つかを、ひたすら賭けるみたいなイメージです。

私からしたら、どっちが勝つか分からんもんに金賭けるって、物買うってレベルじゃねーぞ!って感じですがね。

ドライバーBさんのオンラインカジノの始まり

ドライバーBさんの立ち回りですが、仮想のプレイヤーとその敵のどちらが勝ったかの履歴を見ながら、どちらかが多く勝ってる履歴が残っているテーブルに入って、通算で勝っていることが多い方に掛けることが多かったです。

しかし、まぁどんどんお金は減っていきます。言うて減っていくのは円ではなく、口座に入金しているビットコインらしいですが。

あまり詳しく覚えていませんが、ドライバーBさん曰くゲーム上の50コイン1ベットで170円くらいだそうで、50コインを3回くらい普通にベットされてたので、1ベット500円くらいが20秒くらいで溶ける感じだったようです。

そして、当たり前ですが引き分けになると、ベットした金額の10%は胴元に吸われるという、胴元が最終的に勝つ仕組みになっていますので、よっぽどのことが無い限りトータルで勝つことは難しいと思うんですよね。

ブラックジャックとかは、デッキの残りのカードを覚えていたら優位性の高い場面が出てくることがあるとかで、そこを狙うことができれば勝てないこともないと聞きましたが、バカラはどうなんでしょうかね?

負け組の思考と行動を見れた気がした

ドライバーBさんはたまに勝つことはあっても負けの方が多く、負けが込んできたドライバーBさんは、ベットするチップを増やすことが多くなりました。

最初は50とか100だったのが、150、そして250が当たり前になり、最終的に500チップとか賭けるようになりました。

ドライバーBさんは「マーチンゲールで倍にしていかんとあかんねん。取り返さな。」と言っていました。

「コツコツかけてちょっとづつ増やすのがいいねんけど、熱くなってきて儲かってたのに、ロット上げ過ぎて損してまうねん」とも仰ってしました。何その教科書的なコツコツドカンはと。そらマーチンゲールしたらそうなるのは至極当然ですよね。

そして、なんやかんやで1時間くらいで推定1万円くらい溶かしてましたね。

他のドライバーさんにこのことを話したら、割と有名みたいで、「あのオッサンいろいろと訳分からんことやったるらしいなぁ。アホちゃうか!」と言ってました。

あとがき

そんなこんなで、投資詐欺案件に引っかかっているドライバーBさんの話でした。

私は最近耐性が付いてきたのか、ドライバーBさんに自分からお金系の話を振るようになってました。

なんやかんやでドライバーBさんは、いろいろと手を出しているだけあってか、ビットコインとかその手の話に詳しいので、いい気分転換になるんですよね。

今回の話のスピードバカラ(?)ですが、そもそも過去の履歴の勝ち負けから、未来の勝ち負けを予想して賭けるという行為自体、確率論をある程度知っている人間からしたら馬鹿げていますので、一周回って面白かったですね。

元パチプロである私からしたら、パチンコで調子よく当たっている台を選んで流れに乗って勝つ的な、鼻で払う立ち回りでした。

楽して腹回りだけ痩せたいとか、食事制限もつらい筋トレもなくダイエット!みたいな案件に引っかかってお金を無駄にする人が多い多いからこそ、投資・投機・パチンコ・スロット・ダイエットにしても、負け組が多いんでしょうね。

(Visited 54 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top