えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

[PO]カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人に当選したものの、損しそうな気がしたので辞退しました

   

SBI証券から1口の応募でPOの当選しました

昨日SBI証券からIPOチャレンジポイント目的で抽選に参加していたPO、カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人ですが、1口しか申し込みしてないのに当選のメールが届きました。

購入申込できるのが今日の0:00~16:00までという驚異的な短さですが、最初はせっかく当選したからいっちょ買ってみるかと思っていました。

お昼ごろにカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の株価を見てみたらディスカウントされた公募価格近くまで既に下落していました。

某掲示板を見ても購入するかどうか迷っている人がいて、他のインフラ投資法人の結果が悪いとの意見もありましたので、思い切って辞退することにしました。

POはIPOに比べてリスクが高い…と思う

前々からちょろっと調べてはいましたが、IPOに比べて受渡日での初値売りで利益を出すにはリスクが高いように感じていました。

ちょっと長期保有できる人向けなのでしょうか、ある程度保有して株価が上がってくるのが待てる人なら利益を出せると思うのですが、いかんせん資金が少ない私には向いてなさそうです。

私の資金だから言えることだと思いますが、一般信用売枠さえ取れれば勝ち確の株主優待クロスの方が良くね?と思う訳です。

クロス取引して大方のめぼしい優待を取っても、なお資金が余るような人がPOとか立会外分売に手を出して資金の回転効率を高めていくんでしょうね。

POと立会外分売ですが、当選する確率がそこそこあるとはいえ、割れる可能性も多いにあるので、いろんなサイトの情報を集めてどうするか判断する思考時間を持ってかれるくらいなら、いっそやらないってのが一番無難かなと思いました。

立会外分売について解説されているサイトを見ていますが、流動性がどうのこうので、浮動株がどったらこったら、直近の同様の銘柄のボラティリティがこうだから、とマジで言っている意味が全く分からないですから。(笑)

IPOもPOも立会外分売もFXも…!と幅広く手を出すのもいいかもですが、何かしらやることを絞らないと脳のリソースが持たないですね。

SBIからチャレンジポイント目的でPOに参加するのはローリスクだと思う

さてさて、SBI証券のチャレンジポイントキャンペーンですが、参加すると今のところ落選がなくすべて補欠当選が貰えています。

その補欠当選から購入申込をして、繰り上がらなかったら無事に1ポイントゲットできるので、かなりおいしいかなと思ってます。

とりあえずSBIのチャレンジポイントキャンペーン期間中だけはPOにも抽選に参加して地味にポイントをブーストしようかと思ってます。

これは私の推測なのですが、SMBC方式と言っていいのでしょうかSBI証券のPOは落選はなしで、それ以外はすべて補欠当選となっているのでは?と思っています。

ですので、補欠当選から繰り上がる確率も相当低いと思われます。いろんな意味で安心してポイント狙いができるかなと思ってます。

万が一、補欠から繰り上がっちゃったら受渡日に割れないように祈るだけですかね。(笑)

信用売りできる銘柄だと一瞬でも利益が乗ってる時にクロスすることで利益を確保できるみたいなので、こちらは強気で参加して後は繰り上がらないことを祈りながらポイントを貯めるのが吉でしょうか。

一応現時点ではSBIのチャレンジポイントキャンペーンは今月末までとなっています。

なんやかんやで、このまま延長する可能性もありますので、もしそうなったらポイント枠の当選ボーダーが上がって、1ポイント当たりの単価がどんどん下がって行くことになりそうですね。

あとがき

そんなこんなで、初めてPOに当選したけど、割れるのが怖いから辞退したよって話でした。

1口しか申し込みしてないのに当選する時って、IPOでもそうですが、相当不人気だという証拠でもあるんですよね。その辺の雰囲気から察するに嫌な予感しかしなかったので、辞退した次第であります。

1ポイントのチャレンジポイントを貰うのに3000円も5000円も払いたくないですからね。そんなに費用が掛かったら実質ポイントがマイナスされたに等しいですからね。

しかし、去年の12月のウェルスナビで貯めたチャレンジポイント134ポイントをブッパして、ポイントの呪縛から解き放たれたというのに、なんやかんやでセコセコとポイントを貯めている自分が居ます。

100ポイント代前半でも銘柄とタイミングによっては1ポイント当たり1000円以上で換金できる可能性があると知ってしまっては、無理のない範囲で貯めたいですからね。

QDレーザですら200ポイント以上が当選ボーダーだったと言われていますので、今後も見込み利益が少ない銘柄のボーダーも上がってくることでしょう。

私は今後いつかあるか分からない超大型案件を確実に仕留めるために、使えないかなぁと考えています。

(Visited 23 times, 2 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top