スポンサーリンク

北海道旅79日目 曇天なので青森市内に停滞

8時に起きた。昨日は快適な空間すぎて遅くまで起きてしまった。久しぶりにベッドで寝たが本当に気持ちよく寝ることができた。気がついたら朝だった。天気予報が上方修正されたようで雨は降っていなかった。昨日の激走の疲れもあるのでチェックアウト10時のギリギリまで横になって休んですごした。

歯ブラシなどの備品はないが2000円弱で泊まれるのはお安くていいホテルだった。快活clubを超えてくる安さのホテルもたまにあるので、選択肢の中に入れておくと雨の日を快適に過ごせると思う。富山にもあるらしいので、体力やタイミングが合えば泊まってみたいと思う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チェックアウト後、ホテルの外に出たら昨日停まっていた同じ中華カブが停まったままだった。チェックアウト時間になっても出てこないということは連泊手続きをして部屋でくつろいでいるのだろうと思ったら主がでてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろいろと話をして天気も曇天なのでお互い今日は移動する予定はないようだったので二人で歩くことになった。観光施設へ行くも何かと有料だったので海辺を歩くことにした。海辺の公園のベンチで座りながら旅の話をして盛り上がった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カブ主さんは自分で家を建てて暮らしていたり生活費をかなり抑えてお金を貯めて旅に出たりしているらしかった。年齢も30代半ばと近くて同じカブに乗るだけあってか、車中泊のおっさんの話は一方的でケチをつけてくるから嫌いだとか考え方も似ていた。

ウーバーイーツをされているようで1週間で10万くらい稼いでいるらしい。山梨県と地方ながらも稼働時間を大きく取ればそれなりに稼げるらしい。そして普通に働くのに較べて自由があって何より対人ストレスがないのが本当にいいと言っていた。

普通に働いてお金を稼ぐのが合わないと感じている人にこそ向いているのだろうなと改めて思わされた。自分も旅が終わったら配達員を始めたい。ウーバーイーツが後何年稼げる状態かは分からないが他にも収入源を増やすべく頑張っているらしかった。

話が盛り上がりまくっていつの間にかお昼を回っていたのでホテルの駐輪場まで戻って別れた。

今日は近くにある24時間営業の入浴施設で寝ようと思っていたが、二人で散歩していた公園ですごくいい場所を見つけたので今日は珍しくそちらでゲリラ野宿することにした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今まで合法的なキャンプ場をメインにしてきたが、今回のようにかなり条件のいい公園が見つかった場合、ゲリラ野宿も視野に入れていこうと思った。

その人も言っていたが人が多いのがストレスの元になるので人気のない公園の方がよっぽど快適に寝られるし、お金を払ってキャンプ場を使ったのに大いびきかいて寝る人がいたり、夜遅くまで騒ぐやつがいて嫌な思いをするのは馬鹿馬鹿しい。

お金を取るキャンプ場よりも、公園の方がキャンプ場してることも多いので、キャンプ場という縛りがあるせいで選択肢が少なくなってると思った。ここからは少し原点に帰って自分らしい感じで旅してみるのもいいかも知れない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解散後は昔野宿した公園へ行った。公園近くにラーメン屋さんがあったので食事をしたが昨日とは打って変わって暖かかったので汗だくになってしまった。

食後に公園内を散策したが祝日だからか公園内は賑わっていて聖地の東屋には人が居た。ねぶた祭りで一緒になったカブの人と一緒に東屋で寝たのを思い出した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公園内を散策した後はやることもないので、日本一周していた時に使ったフラワー温泉やえだにいって風呂に入った。向かいにあるスーパーで買い物した。イートインスペースに自由に使っていいコンセントを発見。無駄にどうでもいい時に見つけてしまって肝心な時に見つからなかったりするから困る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寝床の公園へ戻って暗くなるのを待ってテントを設営していたらホテルで会ったカブ主さんもやってきた。やはりあの良すぎる条件の寝床を見つけてしまったらゲリラ野宿するしかない。道の駅おじさんというより野宿おじさんの血が騒いでしょうがなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人気もなくローケーションもいい掘り出しものの野宿スポットだった。あまりの屋根の広大さに2人で青森の防波堤ドームだと名付けてしまった。2人でテントの入り口だけ開けて色々な話をしながら過ごして寝た。

コメント

タイトルとURLをコピーしました