えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

今更ながら2019年のFXデモトレードの成績を検証してみたらまぁヒドイヒドイなのだった

   

2日連続で追い炊きをしてしまって土日の両方とも夕方くらいまでうだうだ横になって無駄に過ごしてしまいました。本当に悪い癖だ。

最近とあるキーワードで検索してヒットしたFXブログの影響で、自分の過去を振り返ってみようということになり、MT4で去年の収益を計算してみましたが、まぁひどかったです。

というかMT4って月が変わったら自動的に収益のデータがリセットされるものなのだと思っていたら、期間をしていすれば過去の分も見ることができるんですね。今年はたまたま月単位でまとも(?)なプラスで終えることができたので記念にスクショしてたんですが、あまり意味なかったんですね。

去年のFXデモトレードの結果

で、肝心の去年のデモトレードの収支ですが、以下の通りです。

2019年FX収支
1月 勝率1/2 50% -20pips
2月 勝率0/5 0% -81pips
3月 勝率5/9 55.5 +18pips
4月 勝率6/23 26% -221pips
5月 勝率0/2 0% -66pips
6月 勝率1/1 100% +8pips
7月 勝率10/30 33% -203pips
8月 勝率10/25 40% -68pips
9月 勝率3/6 50% -5pips
10月 勝率13/19 68% +9pips
11月 勝率3/11 27% -78pips
12月 勝率5/7 71% +23pips
年間合計 勝率57/140 40% -688pips

すべて1万通貨でのトレードで収支がマイナス68800円ほどで済みましたので、pipsで言うとマイナス688pipsという結果になりました。

いつまで経っても勝てるようにならないので、半分惰性のまま続けていたのと、1時間足単独でエントリーできないものか?など検証的な意味も含めていろいろやってたのでやはり月単位のトレード回数が多いですね。トレード回数が極端に少ない時はやる気がなかったんだと思います。

勝率も40%と低く、プラスマイナス0に近いような利確も勝ちに含めてますので、実質的にまともに利食できたという意味での本当の勝ちは20%行くか行かないかとかだと思います。

リスクリワード比も1:0.5くらいで、この利確率となると、収支なんか見なくてもトータルでやられているのは体で分かってましたので、勝てる気がしないの一言ですよね。(笑)

だからこそ結果を直視したくなかったんでしょうね。一年終わっても特に反省もしてなかったです。見ても気分が悪くなりますし、いったい何をすればトレードが改善するのかよく分かりませんでしたので。

今年の現時点でのFXデモトレードの結果

しかし今年に入っての収支はまるで別人のような結果が出ています。4月26日現在でプラス245pips!

月単位でプラスが3か月続いていて、今月もプラスのまま終わることができれば4か月連続でのプラス達成となります。

勝率も65%~70%あってリスクリワードも1:1くらいで今のところ収支も悪くないので、エントリーするタイミングを取るための執行足を15分から30分に上げたのと、エントリーする場面をめっちゃめちゃ絞っているのが効いているのでしょうか。

今までは月でプラスになってもプラスマイナス0的な終わり方が多かったですし、そもそもまともな利確が連続するということが少なかったです。今年に入ってからは勝ちが2回3回続くことも珍しくなくなっています。

”月単位のエントリー回数をあえて減らす(絞る)ことで勝率が上がる”というのは、あながちウソではないのかなと感じました。勝っている人ほど月単位のエントリー回数は10回行くかどうかで絞りに絞ってエントリーされているとおっしゃていますし、説得力はあるのかなと。

スロットの高設定もですが、投入される日は限られていますし、高設定を掴める確率もイベント指定機種に座ることができてもせいぜい5~6台に1台程度です。高設定が投入される可能性が高いイベントで月のローテーションを組んで立ち回ったとしても、結果的に月単位で高設定を掴める回数は4~5回になってしまうのと似ていますね。

今後もエントリーを絞った状態でデモを続けて、まだまだ月単位でのプラスが続くとなったら、それはマグレではないのだと判断して実弾でトレードするつもりですが、確信が持てないので期待せずにトレードしていきたいと思います。

(Visited 21 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top