えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

株主優待クロス取引のために信用口座を追加しました

   

1口座だけで優待クロスは選択肢が狭いかも?

私は今年の5月から株主優待のクロス取引を始めています。5月、6月とクロス取引して7月は取りたい銘柄がなかったのでスルー。そしてIPO閑散期の8月はいつもより多くの銘柄をクロス取引して、かなりの優待と取ることができました。

ちなみに私が優待目的でクロス取引に使っている口座はSBI証券のみです。

というのも信用口座を開設するには審査があるとのことでしたので、IPOを始める前も何度か株の売買をしたことがあったため、一番開設される可能性が高いだろうとSBI証券にのみダメ元で申し込んでみた結果開設することができました。

一般信用の売枠は、証券会社によって多かったり少なかったり、SBI証券は在庫切れだけど楽天証券は残っているなんてことはよくあるそうなので、優待クロスの幅を広げるのであれば、信用口座も多い方が選択の幅が広がっていいなと思っていました。

楽天証券は新規開設と同時に信用口座も開設できた!

先日のIPOラッシュに備えて新たに開設した証券会社3社のうちの楽天証券ですが、口座の開設と同時に信用口座の開設を申し込んでいましたが、無事に信用口座の開設できました。

昔は裏技的な感じだったクロス取引も、今となっては証券会社が”つなぎ売り”とか、優待のお得な取り方があります的なページへのリンクなんかがトップページに貼られていたりしますので、信用取引口座の開設の敷居は思っているよりも低いのかも知れませんね。

ここまで来たら松井証券の信用口座の開設も申し込みしちゃうか!ってことで勢いで申し込んでみました。

そうしたら今日の朝に携帯に電話があり、オペレーターの方に職業や仕事の内容、役職のあるなし、職場の住所と電話番号なんかを聞かれました。審査に問題なければ今日開設が完了して、明日から信用取引ができるとのことでした。

口座の開設できたかなぁどうなったかなぁと思っていましたが、ログインして口座の開設状況を見たら、開設済となっていましたので、無事に信用口座が開設できたということになりました。

1日100万円分のクロス取引が可能に!

これでSBI証券と楽天証券と松井証券の信用口座が揃いましたので、SBIが1日現物買50万円、信用売50万円、楽天証券と松井証券が1日の約定金額の合計50万円まで取引手数料が無料でクロスすることができます。

これで、合計100万円分の銘柄を手数料無料でクロスできるようになりました。

楽天と松井証券は現物買と信用売を合わせて1日50万までなので、実質25万円分までしかクロスできないので、10万円の銘柄と12万円の銘柄みたいな組み合わせがあればいいですが、次第では手数料が無料の枠をうまく使えない可能性も出てきますね。

楽天証券で現物買して、松井証券で信用売と口座をまたいだクロス取引をすれば1単元25万円を超える優待も取りやすいので、若干管理が面倒になりそうですが、口座をまたいでのクロス取引した方が資金効率はいいかも知れませんね。

今度どうするかは、ちょっとずつやりながら自分なりのやり方を作っていけたらいいかなと思っています。

あとがき

そんなこんなで優待クロス取引ようの口座がSBI証券に加えて、楽天証券と松井証券が1日50万円までなら手数料無料でクロスできるようになったという話でした。

松井証券に関しては、もう本当に勢いで申し込んだので、1円も入金していなかったので口座残高0円でIPOの申し込みしかしてなかったので、さすがにアカンのとちゃうか?と思っていましたが開設することができました。

それともクレジットカードみたいにクレヒス(?)的なものが記録された第三者機関みたいなのが存在するのでしょうか?その手の機関にアクセスして、他の証券口座の有無とか、取引回数や資産を参照して審査しているのでしょうか?

本人からの申し込みなのかを最初に気にされてたみたいだけど、他人が勝手に信用口座作るとかあり得ないと思うんですけど、今話題の某通信会社の件もあるからその辺敏感になっているのかも知れませんね。

不正アクセスで成りすまして信用口座開設して、それで追証だしたとしてもそれが回収できないとなったら証券会社としては損失になりますからね。まぁ、頭の悪い私がいくら憶測しても真相は証券会社の人のみぞ知るところですからね。

資産300万円にはちょっとだけ足りないけど、これならSMBC日興証券の信用口座も通るかもと思ったりもするけど。あんまり立て続けに信用口座の開設をしているとなったら怪しまれるんじゃないかと思うので、もうしばらくは3社での立ち回りに慣れてみようと思います。

ひと月2万円ちょっとずつ資金は増えるので、今年の年末くらいまでにはガチで資産300万円超えるので、開設基準超えるのを待ってから申し込みするのが無難かもですね。

(Visited 14 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top