えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

今日はKIYOラーニング(7353)の抽選日!残念ながら補欠でした。

   

今日はお楽しみのIPO抽選日

今日はKIYOラーニング(7353)とGMOフィナンシャルゲート(4051)の抽選日でした。当たってないかなぁ?なんてウキウキしながら仕事から帰宅しましたが、記事タイトルにもある通り、補欠(実質落選)でした。

Speeeに続き、このまま運が続いて、立て続けに当選が続かないかな?と期待しながら結果を見てみましたが、残念でした。

GMOフィナンシャルゲートの主幹事の大和証券は抽選日の翌日にならないと結果が分からないので、明日になってみないと分かりません。

一応補欠から繰り上がりの申し込みします

IPOされてる方はご存じだと思いますが、SMBC日興証券は”当選と補欠の2択しかありません”。IPOに申し込んで当選した以外は全員補欠です。

私は次の銘柄の抽選日まで時間もあるので、KIYOラーニングの補欠は繰り上げの申し込んでおこうかなと思ってますが、当選した人以外全員補欠となると、補欠からの繰り上げは奇跡もいいとこでしょうね。

主幹事の割り当てからの抽選枠の推定は313枚となってますので、その313人の中から5人が当選の確認を見落とした・申し込みを忘れてしまったと仮定します。

補欠からの繰り上げに申し込んだ人が20000人いたとすると、5枚を20000人で取り合うので、1/4000の確率ですね。確率にして0.025%

普通に当選する確率の推測が1%あるかないかだったんで、普通に当たるより遥かに難しなってますね。(笑)

申し込みを忘れてしまう人がいる以上、SMBC日興証券でIPOが繰り上がったことがある人は存在するとは思うんですが、補欠から繰り上がった時、申し込み画面には繰り上げ当選と表示されるんでしょうか?

スロットやパチンコじゃないですが、その全回転リーチ的なプレミア画面を一度は見てみたいですね。

今後のIPO銘柄について

  • 日本情報クリエイト(4054)
  • SunAsterisk(4053)
  • モダリス(4883)
  • ティアンドエス(4055)

と現時点で4銘柄控えていて、上から3銘柄の当選枚数がどれも1万枚を超えていてかなり当選しやすくなっています。上から1.7万枚、4.8万枚、3.1万枚です。

普段の感じだと需給のバランス的に警戒する感じなんですが、今の状況が続くと仮定すると、かなりおいしいチャンスになる可能性が高いです。

私が参考にさせてもらっているサイトさんの推測だと、主幹事から当選する確率が上から2.4%、22.63%、11.25%と破格の数値となってます。

合計で36.28%ですので、主幹事からだけでもきっちり申し込みしていれば3人に1人くらいの割合で何かしら銘柄に当選できる計算ですね。

特にSunAsteriskに関しては、今まで見たことないくらいの高確率ですので、今の地合いが続くようであれば是非とも当選したい銘柄ですね!枚数的に補欠からの繰り上げも現実的だと思うので、ここは補欠がもらえただけでも楽しめるのかなと考えています。

現状の地合いが続けば公募割れはないと思いますし、仮に割れてもそこまで想定価格が高くないので、万が一公募割れしてもたかが知れてるくらいの損失になるはずです。

リスクの割に狙えるリターンは大きいと思いますので、3銘柄とも怖がらずにとりあえず特攻するつもりです。

ティアンドエス主幹事のいちよし証券について

前述した現時点で控えている銘柄で、触れていなかったティアンドエスに関してですが、主幹事がいちよし証券なんですよね。

何が悪いかっていうと、いちよし証券はIPOの申し込みだけはネット経由でできるようになったそうですが、当選の結果が電話連絡のみだったり、購入の申し込みも売却も電話する必要があるという、今の時代に合っていない不憫さもあってか口座を開設していません。

いちよし証券口座を持っていないので、マネックス証券からの当選確率がいかほどかはわかりませんが、そこに掛けるくらいなので、あまり期待していません。

そしてなにより、いちよし証券は、2020年入ってからは、証券業者内での暗黙の了解(?)というのでしょうかね。絶対ではないけど”割り当てられたIPO株の10%は抽選に回しましょう的”な目安を逸脱して、抽選に回す割合を1%にしたようです。

パチプロ・スロプロお断りのパチ屋かよ!(笑)

マネックス証券が完全平等抽選で”割り当てられた株の100%を抽選に回してくれる天使”のような存在とすると、いちよし証券はまるで真逆。

”IPO目当てだけで口座を開設してくる貧乏人はウザいので要りません。とっとと自分の星へお帰りください。”という悪魔の声が聞こえてきますねぇ。

私は天使(マネックス証券)の慈悲(当選)をまだ受けたことがありませんが、コツコツと申し込みをしていたら、いつかは慈悲という名の当選をくださると思うので、ティアンドエスの当選はマネックス証券(天使)さんから当選できるように、お祈りして抽選に参加します。

私のブログによくコメント下さる方がTwitterで、いちよし証券のことを”庶民の敵”とハッシュタグを付けてツイートされてるのを見て、笑ってしまいましたね。

私も新たな銘柄が認可された情報を見て、どこが主幹事だろうと、わくわくしながら主幹事の欄を見たら、いちよし証券だったのを見てがっかりした人です。あ、こらアカンみたいな。(笑)

あとがき

そんなこんなで、KIYOラーニング当たらんかった。いちよし証券は、特売の卵だけを買いに来るお客さん禁止のスーパーみたいな証券会社だよーって話でした。

もし今の地合いが続くようであれば、当選枚数の多い、日本情報クリエイト、SunAsterisk、モダリスの3銘柄の内どれか一つでも当選したいところですよね。

投資家の資金が尽きて、夏枯れ相場的な影響で不発に終わる可能性があるかもってことが怖いところかなと考えています。私的にはよほどの悪材料が出ない限りは特攻でOKだと思っています。

少額でもいいので利益は積みたいし、もしかしたら今の地合いが続いて持ち越し祭りで意外な利益に…って可能性もありますからね。

(Visited 14 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top