えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

今日のFXデモトレード、ユーロドルでエントリーするも伸びず建値付近で決済

   

今日のデモトレード

今日は仕事中に久しぶりに自分のエントリーパターンが来たので、利確と損切りも含めた指値エントリーしました。指値に刺さって買い注文が入ったものの、その後伸びずに建値付近での決済となりました。

いつも通りチェックマークがエントリーした場所で×印がイグジットした場所です。前述の通り建値決済となってます。なぜそこで決済したのかは、上位足である4時間足の上昇のリズムと同期しなくな節目だったからです。

かなり久しぶりのエントリーで1時間足基準でのエントリーだったので、これは貰った!と意気込んでいたのですが、結果は伸びずでした。

今は4時間足を基準に30分足でエントリーのタイミングを取ってる感じなんですが、1時間足も平行して見ることで、いろいろと気付きがありました。

マルチタイムフレーム分析は絶対重要だと思う

私は何年も前から上位足である4時間足を基準にして、節目になる水平ラインを引いて、下位足である15分足で東京時間で出来た横長の長方形のレンジ相場を、ロールリバーサル(レジサポ転換)の形で抜けてきた時にエントリーするということをしていました。

結果はついてこずでしたが、今年に入ってふとした思い付きから、エントリーのタイミングを計る足を30分にしたところ、今年に入って獲得pipsは少ないですが5か月連続でプラスにできています。現在は1時間足も平行して見ることでエントリーを増やせないか試行錯誤しています。

30分足と1時間足を切り替えながら相場を見ていると、30分足と1時間足だとレンジ相場の高値安値を引く場所がずれてきたりする場面もあったりすることが分かりました。

監視している時間足によっては、水平ラインを引く位置も変わってくることに気づきました。

前述の通り、私は30分足をメインに見ていたので、あとから1時間足を見ていたらレンジを理想的な形でロールリバーサルで抜けていたなんて場面も良く見ました。

上のキャプチャ画像だと、上から1本目と2本目の水平ラインをレンジ相場の上限下限としてラインを引いて、ブレイクした時の垂直ラインを引いてそのまま、30分足に落として見た時のキャプチャ画像です。

30分足だと垂直ラインの左側に変に飛び出たローソクペアや髭があるので、レンジをブレイクしたと判断するには微妙なところですが、1時間足基準だと髭で抑えられているような形になっています。

同一通貨ペアを複数の時間軸を監視する。いわゆるマルチタイムフレーム分析(MTF分析)は勝ち続けるトレーダーにはやはり必須だと感じさせれましたね。

優位性に優位性を重ね掛けしろ

大きい時間足で方向性を決めて、下位足で同方向へのエントリーのタイミングを計る。優位性が高い場面に、さらに優位性を高めるような感じ。

上昇(下降)のデカイエスカレーターに、中くらいの上昇(下降)エスカレーターが重なる場面でエントリーするような、補助魔法重ね掛けな感じ。

ドラクエで例えるなら、”倒すと高経験値がゲットできるメタル系が複数出現してきて、こちらが先制攻撃できる時しか攻撃しない”みたいな厳選の仕方でしょうか。

メタル系モンスターが複数出現するという条件に、こちらが先制攻撃できるという優位性が重なった時は、普通にメタル系モンスターが出てきて殴り掛かるよりも、倒せる確率が高いのは分かりますよね。

後は同様に、条件があまりそろうことがない場面をひたすら待ち、条件が揃ったらエントリー。倒せなかったら逃げ出してイグジット。この繰り返しをしているのが勝ち組トレーダーなんだろうなと。

FXで勝ち続けるのとドラクエのレベル上げは似てると思う

ドラクエだったら、はぐれメタル出てきたら、ひたすら防御無視系のスキルを使って殴りに掛かって倒しまくってたら効率的にレベルアップできますよね?

でも、FXの世界だと安易にチャンスだと思って殴りかかって仕留め損ねたら、もれなくお供の雑魚キャラという名の超絶強力モンスターに張り倒されてボコられて損するんですよ。

だからFXでトータルで勝ち続けている人は、前述の例えで言うところの、メタル系のモンスターだけ出てくるとか、メタル系モンスターが複数出てきて、なおかつこちらが先制攻撃できるような優位性のある場面をひたすら待ってるはずなんです。

スロットの高設定狙いと全く変わらないですよね。高設定が入りそうなイベントを吟味して、機種ごとの設定判別要素を打ちながらカウントして、設定判別して高設定っぽい挙動なら一日タコ粘り、そうでなければトイレに枠外大便して撤退。(笑)

これをひたすらルーチンワークのようにできる人が長く勝ち続ける人になるのだと。

利益が得られる可能性が高い局面がそんなにポンポンあったらみんな金持ちやと。その優位性の高い数少ない局面だけを狙って待ってひたすら虎視眈々とトレードしてるのが長い目でみても勝ち続けられるトレーダーなのだと思っています。

言うて私、今年に入ってデモで5か月連続で少額ながら勝ててるだけで、おおっぴらに講釈たれてますが、割と論理的には筋通ってるとは思ってるんですよね。

勝ち組になれるかも?な希望が持てそうな局面なんで、まぁまぁ頑張って行こうかなとは思ってますが、ある程度勝てるようになったら、もっと調子に乗りますね!(笑)

アホみたいに、講釈垂れながら調子に乗れる日がきたらええなぁ~。

(Visited 10 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top