えぬまるライフ

日本一週後の日常を主に、スーパーカブでのお出かけやスマホ事情などを綴るライフブログです。

*

2021年第1弾のIPO銘柄のQDレーザー当選ならず!

   

今日は2021年で初のIPO銘柄であるQDレーザーの当選発表日

年明け初銘柄は初値が高騰するというアノマリーがあったのと、当選枚数の多いバラマキ案件だったのもあってか、当選を期待していました。

ですが、主幹事のSMBC日日興証券、共同主幹事のSBI証券からは普通に落選の結果となりました。

まぁ当選する確率が高い案件と言っても推定で20~30%とかそのくらいになるので、圧倒的に落選することが多いので仕方がありませんね。

当選された方はおめでとうございます。

貧乏人はSBI証券から資金枠でのIPO当選はあきらめろ!

前々から感じていたことですが、SBI証券から資金枠で当選を狙うのは辞めた方がいいですね。F1のレースにチャリンコで参戦するようなもんですよ。

SBI証券が主幹事の案件の時に2000万円くらい入れて抽選に参加してるけど、カスリもしないなんてIPOブロガーさんの記事を見るくらいなんで、よっぽど資金がある人でない限りはSBI証券で資金枠でのIPO当選はあきらめた方がいいでしょう。

無理のない範囲で申し込みIPOチャレンジポイントを貯めつつ、優待クロス取引して、生活を少しでもお得にするのが資金200~300万円程度の人の賢い使い方だと思っています。

今回は株価も安いのもあってか、12月に株主優待クロスのために280万円くらいの資金をSBI証券に入れたままだったので、久しぶりに私なりの全力を出してみましたが、やはり札束の数が圧倒的に足りませんでした。

私みたいな貧乏人が多くの口数を申し込めるということは、2000万円とかそれ以上の資金を持っている方は、それに応じて多くの口数を申し込むことになるので全体的な構図は変わらないんですよね。

ですので、貧乏人が小銭をフルブッパしたところで、SBI証券から資金枠でIPOの当選を期待するだけ無駄です!

完全平等抽選の平幹事から申し込んだ方がよっぽど当選確率が上がるはずですので、できるだけ完全平等抽選で幹事になることが多い証券会社を多く開設してそちらからの抽選に回すのをオススメします。

今後のIPOについて

さて、私の今後のIPO方針ですが、今回当選できなかったQDレーザー同様、バラマキ案件だけど利益が期待できそうな大和証券主幹事のアクシージアの当選に期待したいところです。

その後は、去年同様、やたら高騰銘柄連発のみずほ証券主幹事である、WACUL・アピリッツ・colyの当選に期待したいところですかね。

来月になったら3月のIPO予定が続々と出てくるとは思いますが、去年のような急激な地合いの悪化だけは勘弁して欲しいですが、今の世界状況だといつ何が起こってもおかしくないので仕方ないところは覚悟しておかないといけませんね。

今年は早い段階で、利益が出そうなIPO銘柄に当選できたらいいなと思っています。一度は一撃50万円とか100万円くらいの利益が出る銘柄に当選してみたいものですね。

IPOを2年くらい見てると、ある程度続けていたらその手の超爆上げ銘柄に当選する可能性は割と現実的にあると感じられますので、宝くじなんかよりも1000倍くらい夢がありますよね。

私のブログを読んでくださっている方は極々少数でしょうが、少しでもIPOって儲かるのかも?って思った方は、是非ともIPOとか新規公開株とかのワードで検索してみてください。

パチプロとかスロプロとかをやっていた人なら、すぐに優位性が高い手法だと気づくはずです。むしろ私が気付くのが遅すぎくらいまであるでしょうね。(しろめ)

(Visited 29 times, 1 visits today)
Pocket

 - 未分類

Top