思っていたよりも早く離職票が届きました

今日のお昼くらいにピンポンが鳴ってなんだと思っていましたが、簡易書留で離職票が届いていたようです。昼になって気が付きました。普通に朝起きたのに昼まで寝てしまう癖をなんとかせねばです。

5月末くらいに離職票発行に関する書類が届いていて6月の頭くらいに返送していましたが、書類の記載日が6月7日で今日が6月11日なのでかなり早い感じで発行されたようですね。

届いた書類を見てもいまいちよく分からなくて、ハローワークに求職の申し込み手続きをしても初回認定日に講習なりなんなりを受講しないと2~3か月の待期期間が開始されないと明記されていました。

一度ハローワークに行って手続きして、後日指定された初回認定日に行って何かしらの手続きをする必要が出てくる可能性があるっぽいので、早めにハローワークに持って行って、受給資格決定やら求職の申し込みの手続きを済ませようと思ってます。

あとは国民健康保険証の新しいものが届いけはいつでも旅に出られるという感じなのですが、荷物の積載をどうするのか問題が解決していないのですごいモヤモヤしてます。

仕事を辞めて約2か月経ったのでおかげ様で変な疲労感や倦怠感もなく体力的には悪くない感じにはなりましたが、いかんせん長期の旅に出るのは久しぶりなので、心の準備が整ってません。

ある程度の準備さえしてしまえば、あとは出てしまえば何とでもなると言うか、何とかするしかないので結果的になんとかなるのは分かってるんですが、歳を取ってしまうと準備ができてないと行動できないのが嫌ですね。

昨日100円ショップで荷締めベルトを売ってるのを発見して、テントやタンクバックのチャックに付ける予定のダイヤル式の錠や、滑り止めシートなんかも併せてポイ活して貯めた楽天ポイントで購入したのはいいのですが、夕方にゲリラ豪雨が降ってきたりでリアキャリア付近をいじれず。

すっかり梅雨に入ってしまっている感じでお天気も良くなく、今日も雨が1日中フリスビーしてる感じだったので、ずっとパソコンでグーグルマップで北海道の地図を眺めたり、ライダーハウスの情報を見たりするだけの1日でした。

バイクで日本一周したことがある癖にこの無駄なビビり様、長期旅したことがある人にしか分からないと思うのですが、あれはある種のトランス状態で旅が終わって期間が経つと、旅をしていた時の記憶は本当に自分なのか?的な風に思えてくるんですよね。

定期的にバイクで長期ツーリング旅をしている人はそうでもないのかも知れませんが。

とりあえず北海道のこの町にどんな目ぼしい観光スポットがあるのかなどはある程度分かっているので、強くてニューゲーム的な感じである程度ゆったりは旅できるとは思うのですが、いかんせん楽しいという気持ちよりも不安な気持ちが大きいですね。

こうやって自分にプレッシャーを与えないと旅に出られなさそうなので、スーパーカブを購入したバク店で仕事を辞めることになったので北海道に旅に出ると言ったり、こうやってポチポチとブログにアウトプットしてますがどうなることやら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました