北海道旅20日目 留萌から稚内へ移動

またまた朝方にトイレに起きて5時半に起床。炊事場で身支度しておにぎりを食べて準備を始めるもキャンプ場が丘の上の森の中にあるせいか夜露でテントが凄いことに。

撤収している時に思ったが、パークゴルフ場以外の場所ならどこにテントを張ってもいいらしかったので、後から来た人のようにトイレ棟の近くの平らな場所に張れば良かったと思った。

朝は曇っていたがテントを乾かしている7時半頃には晴れ間が出てきた。これからオロロンの絶景が見れると思うとテンションが上がる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オロロンに向かう途中に信号が10個くらいあって引っかかる度にイライラした。10分ほどでオロロンに入って積丹のような景色が広がった。9年振りのオロロンラインが綺麗すぎてずっと来れなかった北海道の景色がここにある。

左はずっと海。信号もない海岸線沿いの道。日本一周の旅を終えてからまた北海道へ行って見たいとずっと思っていた。その夢が叶う時が今来たのだと思うと、感極まって涙が出た。情緒不安定な1日である。あれからなんとも長い月日が経ってしまっているがオロロンの景色は変わらない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただただ綺麗な海岸線沿い道に風力発電の風車がクルクル回っていて、走ってるライダーさんはヘルメットしていてもニコニコしてそうなのが分かるくらい絶景。

何度もバイクを停めて写真を撮ろうかと思ったが、撮ってもこれじゃないんだよなぁ感が半端じゃないくらい劣化してしまうので、写真をあまり撮らずに絶景を眺めながら走ることに集中することに。頭がハッピーセットになった。しんどいので道の駅ごとに小休憩した。

途中、初山別の道の駅に寄ったがこんなとこあったなぁという記憶しかなかった。奥まで行ってみるとキャンプ場がセットになっているらしい。9年前は気づかなかった。天気がいいのでうろうろして見たが、これは景色がいいわ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平日の午前中なのでテントはまばらだったがこれが夕方になったらそれなりに増えるのかなぁと思ったが。サイトに対して駐車場の台数が限られてるのでぎゅうぎゅうにはならなさそうだと思った。

途中で小さい娘さんを後ろに乗せて旅しているライダーさんに声を掛けられた。なかなか珍しい。小さい頃から北海道の絶景を楽しめるなんて親ガチャ大当たりといったところだろうか。

オロロンラインは手を上げて挨拶してくる人が多くてテンションがあがる。特に同じ原付二種で走ってるライダーにはこちらから積極的に手を振っていった。原付二種同士だとかなりオーバーに手を振っているのでお互いテンションが高いのだろう。

道の駅天塩の近くにあるドライブインのしじみラーメンが美味しいですと、ホンダドリーム旭川でにオススメされていたので、時間的にちょうど良かったので立ち寄ってしじみラーメンを注文。しじみの出汁が出ていてうまかった。海岸線沿いは地元の海産物を使ったグルメが強い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後も順調にオロロンラインを北上、オトンルイ風力発電所と北緯45度のモニュメント前で写真を撮影。本当に懐かしい。ここからひたすら電柱などもない道で稚内に入ったが、こんなに長かったっけと思った。手が痺れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温泉童夢は看板だけ撮ってスルー。しばらく稚内に滞在するので入る機会はそのうちあるだろう。稚内森林公園がどんなとこなのか気になったので寄り道してみたら、公園限定の熊笹ソフトがあったのでペロリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノシャップ岬に限定ソフトっぽいものがなかったのでちょうど良かった。そして天気がいいのもあって景色が良い。どうやら宗谷方面は少し曇っているようだ。寄り道しすぎて既に時刻は14時半を過ぎている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道の駅に立ち寄って防波堤ドームを見学。その近くにある9年前に野宿した場所へ。何も変わって居なかった。そこで野宿したくなったが今回はよっぽどのことがない限りはキャンプ場メインで寝泊まりすると決めたので宗谷ふれあい公園に向かって受付。無事にフリーサイトを確保できた。

テントを設営してみたが今日は混み合ってると言われたもののベルパーク秩父別同様、1つのスペースがかなり広めに確保されているので窮屈感はない。ペグもたまたまなのかハンマーなしで刺せた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャンパーハウスなるものにコインランドリーや無料のシャワーがあるらしい。コインシャワーが200円掛かると考えると実質300円で1日キャンプできると考えると安過ぎる。トイレも道の駅並みに綺麗。いろんな人が宗谷ふれあい公園のキャンプ場は良いぞと言う人が多い訳だ。

さらに良いところは珍しくごみ捨てができるところ、分別すれば捨てられるのでゴミの処分に困らなくて良いのは非常に助かる。翌日8時から11時までにまた500円払えば連泊できるようなので、しばらくはここを拠点にゆっくり観光しようと思う。

テントを張ったままお出かけできるのは、買い物した物をすぐに収納できたりと何かと身軽で動きやすくなっていい。

何気にキャンプ場に着くまでの道中にガス欠して危ないことになったが、すぐそばにガソリンスタンドがあって助かった。やはり余裕を持って早めに入れないと危ないなと思った。羽幌とかその辺で普通に給油できそうなところあったけどカブの燃費なら大丈夫だろうと油断した。

しかし、日が出ていると暑い暑い。日が照って暑いから寝袋をテントの上に広げて干してやった。夕方で寝袋干せるくらい暑いとか、これが日本の1番北なのかよと思ってしまう。本当に暑いのは勘弁してくれ。

近くのスーパーに買い物に行ったらレッツゴーカレーなる珍しいカレー屋さんがあったので、こちらで夕食にすることにした。昨日からホタテラーメン、しじみラーメンと来ているので、ここはシーフードカレーかと思って普通の辛さである1辛で注文した。

食べてみたがこれで本当に普通の辛さなのかよという辛さ。標準の辛さに設定するにしては辛すぎやしないかと思った。これで20辛くらいまで辛さが選べるらしい。そんなやつ食えるやつおるんか?辛さが苦手な人は0辛推奨。

明日以降も天気がいい予報だったのが、少し下方修正されて曇り中心になってしまっているが、実際の天気を見ていけそうだと思ったら、宗谷岬や白い道(?)方面へ行ってみるつもりです。今日は久しぶりに200kmくらい走ってるので、明日は少しゆっくりしたいですね。

1日500円で無料のコインシャワーが使えて洗濯物が溜まってもコインランドリーを探すことなく洗濯を済ますことができる環境を手に入れたので、焦らずじっくり腰を据えてグルメやら観光して行きたいところです。

コメント

  1. なおキチ より:

    すばらしい天気の日にオロロンライン走れましたね。
    あの道を北上するのが間違いなく日本最強の道だと思いますよ。

    TOP写真にもしている、道路に対して傾けている写真もセンスいいですね。

    もう通りすぎちゃいましたが、天塩にある200円で泊まれるライダーハウスのところであえて500円払って使えるキャンプ場が結構良かったですよ。
    もしオロロンを何往復かされるなら寄ってみてください。

    • えぬまる えぬまる より:

      本当にいいオロロン日和で、あまりのロケーションの良さに初山別のキャンプ場に泊まろうかと少し迷いましたが、走って良かったと思ってます。自分も走っていて一番楽しい道だと思います。

      オトンルイ風力発電所の写真ですが、あれが一番見栄えがいいかと思って設定しておきました。傾けて撮ると迫力や奥行き感が出る気がするので、たまに傾けて撮ったりしてます。

      宗谷岬を越えて網走方面への道はオロロンの絶景に比べると面白さがない気がするので、天塩付近まで戻って走っていない幌延、音威子府を走って枝幸に抜けるのもアリかと思ってますので検討して見ます。

タイトルとURLをコピーしました